Copy
conceptual wine boutique ANYWAY-GRAPES
View this email in your browser

wine shop
ANYWAY-GRAPES
MAIL MAGAZINE
2021.5.15
モンターニュ・ド・ランスの異色ヴィニュロン
Emilien Feneuil
2016年限定入荷!!

輸入元:VIVIT


モンターニュ・ド・ランスの異色のヴィニュロン

『エミリアン・フヌイユ』
〔モンターニュ・ド・ランス地区セルミエ〕

エミリアン・フヌイユは2006 年に父の引退に伴いドメーヌを継承しました。それまでネゴシアンにブドウを売って生計を立てている栽培農家だったため、最初はルーティーンな仕事をしていました。しかし、ピエール・マッソンと出会い、彼から良識あるビオディナミを教わり、ビオディナミに開眼。ドメーヌの畑をビオディナミに転換し、畑仕事に没頭するようになりました。毎日畑を注意深く観察し、その変化に耳を傾けることに専心しています。ドメーヌを訪問した際も、日中は畑仕事が忙しいとのことで、アポの時間は夕方の17 時半でした。それほど入念に畑仕事をしているのです。エミリアンは畑に野生の木を生やしたままにしています。木がブドウのじゃまになっていても引き抜かず、自然のままにしています。雑草や花、下草も取り除きません。生物多様性の維持のためです。白ブドウはシャブリ式、赤ブドウはコルドン・ド・ロヤで剪定し、厳格に掻きを行いますが、その後はロニャージュもグリーンハーヴェストも除葉も行いません。ブドウ木に過剰なストレスをかけず、自発的に成⾧するままにしておくのです。畑の表土は砂、マール、粘土で、基盤岩はチョーク(白亜)。このチョークの影響で、特に赤ワインには塩味やミネラルが現れるのがドメーヌのワインの特徴です。耕耘は表土を春先に1~2 回耕します。ドメーヌでは、ルクレール・ブリアンやユレ・フレールにブドウを売っていましたが、大親友であるオーレリアン・ルルカンとトマ・ペルスヴァルに触発された、2015 ヴィンテージから一部のブドウで元詰めを始めました。エミリアンは単一年のワインとミレジメのシャンパーニュしか造りません。2015 ヴィンテージの総生産量はシャンパ-ニュとコトー・シャンプノワの全7 種類のキュヴェを合わせて僅か3800 本。初ヴィンテージは2019 年の年末にリリースされたばかりですが、地元ランスのワインショップで大評判になっている他、アメリカ、オランダ、ベルギー、イタリアなどにも輸出され始めています。

 


Cuvée Totum
キュヴェ・トテュム
会員価格:22000円(税込)

ドメーヌで栽培している全ての品種、そして異なるテロワールのブドウ(平均樹齢40 年)を全てアッサンブラージュし、圧搾の段階から一緒に醸造したエミリアン・フヌイユの哲学を最もうまく表現するキュヴェ。
アペラション:AOC シャンパーニュ

 

醸造:手摘みで収穫したブドウを全てアッサンブラージュして、バスケットプレスで圧搾。温度管理を行わずに野生酵母で樽発酵、樽熟成。マロ発酵は自然に実施。冷却安定や澱引き、清澄、濾過などは一切行わずにティラージュ。ルミアージュもデゴルジュも全て手作業で行う。
ヴィンテージ:2016 年
アッサンブラージュ比率:ピノ・ムニエ55%、シャルドネ25%、ピノ・ノワール18%、プティ・メリエ2%
全ての品種を2016 年9 月28 日に収穫。 ティラージュ:2017 年8 月23 日
デゴルジュマン:2020 年1 月22 日
総生産量:1,930 本

SO2:圧搾時に30mg/l のみ添加。その後は無添加。
2017 年9 月時点でのSO2 トータルは13mg/l

エミリアン・フヌイユ自身のコメント
『ドメーヌのテロワールの無限の要素をアッサンブラージュした、私の哲学の集積的キュヴェです。全ては一つに、一つは全てに。』*トテュムとは、植物療法の用語で、植物全体を表す言葉です。これは、植物全体を一つとしてとらえた場合、全ての部分(根 +葉 +花 +果物)の総和よりも、全体(トテュム)の方が効果的であることを意味します。エミリアンはこの概念をワイン醸造に哲学的に応用して、このキュヴェを造りました。彼は味わいもさることながら、このキュヴェのエスプリ(精神)に最も愛着を持っているそうです。



 

Les Basses Croix et Les Gillis
レ・バス・クロワ & レ・ジリ

会員価格:22000円(税込)

2 つのリュー・ディのアッサンブラージュによるブラン・ド・ブランのキュヴェ
アペラション:AOC シャンパーニュ


醸造:手摘みで収穫したブドウを全てアッサンブラージュして、バスケットプレスで圧搾。温度管理を行わずに野生酵母で樽発酵、樽熟成。マロ発酵は自然に実施。冷却安定や澱引き、清澄、濾過などは一切行わずにティラージュ。ルミアージュもデゴルジュも全て手作業で行う。
品種:リュー・ディ“レ・バス・クロワ”のシャルドネ70%、リュー・ディ“レ・ジリ”のシャルドネ30%
ヴィンテージ:2016 年
収穫日:2016 年10 月9 日
ティラージュ:2017 年8 月23 日
デゴルジュマン:2020 年5 月4 日
総生産量:830 本
SO2:圧搾時に30mg/l のみ添加。その後は無添加。
2017 年9 月時点でのSO2 トータルは23mg/l

エミリアン・フヌイユ自身のコメント
『シャルドネに言葉を与える対極のマリアージュ。外交的なエレガンス。ミネラルの成熟?あるいは果実の塩味か?バランス。』



 

Les Puits
レ・ピュイ

会員価格:22000円(税込)

プティット・モンターニュのピノ・ノワールの個性を表現するブラン・ド・ノワールのキュヴェ
アペラション:AOC シャンパーニュ


醸造:手摘みで収穫したブドウをバスケットプレスで圧搾。温度管理を行わずに野生酵
母で樽発酵、樽熟成。マロ発酵は自然に実施。冷却安定や澱引き、清澄、濾過などは
一切行わずにティラージュ。ルミアージュもデゴルジュも全て手作業で行う。
品種:リュー・ディ“レ・ピュイ”のピノ・ノワール100%
ヴィンテージ:2016 年
収穫日:2016 年9 月24 日
ティラージュ:2017 年8 月23 日
デゴルジュマン:2020 年5 月4 日
総生産量:1140 本
SO2:圧搾時に30mg/l のみ添加。その後は無添加。
2017 年9 月時点でのSO2 トータルは16mg/l

エミリアン・フヌイユ自身のコメント
『完全で力強い。テロワールの塩味が軽やかな果実にささやきかける。力強く震える純粋さ。静かな力。絶頂!』



 

Les Goulats
レ・グラ

会員価格:22000円(税込)

シャムリーのテロワールのミネラルを表現するピノ・ノワールのコトー・シャンプノワ
アペラション:AOC コトー・シャンプノワ 赤


醸造:手摘みで収穫したブドウを温度管理を行わずに野生酵母で樽発酵、樽熟成。樽は228 リットルと450 リットルの中古樽を使用。ワインとタンニンの上品な質感を得るためには、マセレーションは優しくソフトに行うことが非常に重要であると考えているため、ピジャージュが必要な場合はごく軽く果皮を果汁に沈めるにとどめ、ルモンタ-ジュも手作業でソフトに優しく行っている。マロ発酵は自然に実施。澱引き、清澄、濾過などは一切行わずに、収穫翌々年の5 月に瓶詰め。
品種:リュー・ディ“レ・グラ”のピノ・ノワール100%
ヴィンテージ:2016 年
収穫日:2016 年10 月12 日
総生産量:230 本
瓶詰め:2018 年11 月20 日
2016 年は完全に除梗して醸造。SO2 は無添加。
2018 年12 月時点でのSO2 トータルは10mg/l 以下(検出限界値)

エミリアン・フヌイユ自身によるコメント
『精気に溢れた蠱惑的なルビーレッドと魅力的な果実味が私達を深い森の中のどこまでも続く小道へと誘う。甘美なる動悸。』



 

Les Basses Croix et Les Gillis
レ・バス・クロワ & レ・ジリ

会員価格:22000円(税込)

セルミエのテロワールを表現する白のコトー・シャンプノワ
アペラション:AOC コトー・シャンプノワ 白


醸造:手摘みで収穫したブドウを全てアッサンブラージュしてバスケットプレスで圧搾し、温度管理を行わずに野生酵母で樽発酵、樽熟成。樽は228 リットルと450 リットルの中古樽を使用。マロ発酵は自然に実施。澱引き、清澄、濾過などは一切行わずに、収穫翌々年の5 月に瓶詰め。
品種:リュー・ディ“レ・バス・クロワ”のシャルドネ70%、リュー・ディ“レ・ジリ”のシャルドネ30%
ヴィンテージ:2016 年
収穫日:2016 年10 月9 日
総生産量:220 本
瓶詰め2017 年8 月23 日
SO2:圧搾時に30mg/l のみ添加。その後は無添加。
2020 年12 月時点でのSO2 トータルは15mg/l

エミリアン・フヌイユ自身によるコメント
『静寂が広がる壮麗な土台の上で、ストラクチャーとテクスチャー、垂直と水平、明晰と密度が重なり合い、そして結び付く。光!』



 

Chamery Blanc
シャムリー ブラン

会員価格:60500円(税込)

エミリアン・フヌイユ自身も非常に感銘を受けているという
プティ・メリエ100%の超レアなコトー・シャンプノワ


アペラション:AOC コトー・シャンプノワ 白
品種:リュー・ディ“レ・ピュイ”のプティ・メリエ100%
醸造:手摘みで収穫したブドウをバスケットプレスで圧搾し、温度管理を行わずに野生酵母で樽発酵、樽熟成。樽は228 リットルと450 リットルの中古樽を使用。マロ発酵は自然に実施。澱引き、清澄、濾過などは一切行わずに、収穫翌々年の5 月に瓶詰め。

ヴィンテージ:2015 年
収穫日:2015 年9 月21 日 瓶詰め:2017 年5 月
総生産量:200 本

SO2:圧搾時に30mg/l のみ添加。その後は無添加。
2017 年5 月時点でのSO2 トータルは50mg/l

エミリアン・フヌイユ自身によるコメント
『… , …言葉の限界。神秘!私はブドウ品種学者でありませんので、プティ・メリエの起源を遡ろうとは思いません。しかし、プティ・メリエと一緒に働き、その成⾧と成熟、発酵を観察してきました。私はワインを通してプティ・メリエを理解しようと努めてきました。しかし、いまだに何も掴めていないのです。それでも、この品種について少しだけ語ってみたいと思います。プティ・メリエは時間を必要とします。晩熟な熟成を簡単に受け入れてくれます。また、奇妙なステージを経て、発酵を持続させることも受け入れてくれます。しかし、それによってワインが全く立ち往生していないことを感覚的に感じます。プティ・メリエは私の理解を超えた道をたどります。その動きをたどることができるのは直感だけです。プティ・メリエは私達を旅へ、内なる旅へと誘います。そして、形而上学について話すように駆り立てます。プティ・メリエは、私とワインとの間の時間の概念を変え、束縛から解放されることを教えてくれました。厳格なワインのストラクチャーに立脚したプティ・メリエは、時間と空間の中で、のびのびとして、私達を素晴らしい世界へと連れて行ってくれます。火がプティ・メリエを注がれます。プティ・メリエは芳香の点火により、その狂気を蒸留します。力強く、緻密で、魔法のよう。巨匠と呼べる品種です。』

*エミリアン・フヌイユも感じているように、このワインを今までのような常識的な言葉で表現することは陳腐なのかもしれません。味わった人が自分の内なる心の声に耳を傾けながら感じることが一番大切なのかもしれません。

 

Follow on Facebook Follow on Facebook
Website Website
Email Email
blog blog
Copyright © 2014 Anyway Grapes  All rights reserved.

配信停止を希望の方はこちらからunsubscribe from this list   
メールアドレスを変更のされたいかたはこちらからupdate subscription preferences
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。 
〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-13-1-B1 TEL/ 03-6413-9737 FAX/ 03-6413-9736 
OPEN 12:00- 0:00 CLOSE TUESDAY






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
経堂ワインショップ Anyway-Grapes · 経堂2−13−1 信長君の砦 B1F · 世田谷区, 東京都 156-0052 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp