Copy
conceptual wine boutique ANYWAY-GRAPES
View this email in your browser
conceptual wine boutique ANYWAY-GRAPES
View this email in your browser

wine shop
ANYWAY-GRAPES

MAIL MAGAZINE
2021.6.26

Domaine Tempier
[ Bandol ]



Domaine Tempier
ドメーヌ・タンピエ
[ プロヴァンス地方・バンドール ]

バンドールの代名詞と言えるほどの長い歴史と世界的な名声を持つドメーヌ・タンピエ。しかし,近年の躍進は鬼神のように凄まじい。『ワイン・スペクテーター』誌で歴代のバンドール得点上位15傑(96-93点)のうちに,なんと12本(しかもベスト5すべてにランク・イン)が選出されたのを皮切りに,最新のロバート・パーカーの『ワイン・バイヤーズ・ガイド/第7版』では南仏の5つ星ワイン4つのうちの3つをタンピエの“カバッソウ”,“トゥルティーヌ”,“ミグア”が独占し,ギガルのテュルク,ランドンヌ,ムーリーヌに並ぶ快挙を達成した。また,ロゼ・ワインは『インターナショナル・ワイン・セラー』誌で5年連続92点,6年目の2012年物は93点を獲得し,記録を塗り替えている。『ワイン・スペクテーター』誌では2009年物のフランス産の全ロゼ・ワインのなかで,見事No. 1に輝いた衝撃の実績を持つ。さらに,ワイン・ガイドのミシュランと形容される『レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス』では,2011年版で3つ星に昇格。プロヴァンスで唯一,ラフィット,ラトゥールと肩を並べるドメーヌとなった。フランスのこの超名門ガイドは創刊から16年を迎えるが,今までプロヴァンスのドメーヌに3つ星を与えたことは一度もなかった。その壁が,遂にドメーヌ・タンピエによって破られたのである。まさに歴史的快挙である。もちろん,最新の2013年版でも3つ星を堅持している。

2008年にはラッセル・クロウ主演で大ヒットした映画『プロヴァンスの贈りもの(原題:A good year/監督:リドリー・スコット)』のなかにも登場し,少年時代の主人公が叔父からワイン造りの素晴らしさを教えられる場面で<真実を伝える美酒>として印象的に使われ,映画においても高級シャンパーニュに並ぶ演出道具として活用されるに至った。このようにドメーヌ・タンピエは,今やプロヴァンスのドメーヌとして完全無欠の評価を受けている。「ドメーヌ・タンピエを味わうことなく,バンドールを,いや,プロヴァンス・ワインを語るなかれ」と断言できる所以である。

 

この信念を持ち続けていたリュシアンは引退する1982年まで,バンドールの地位向上に奮闘する。このひたむきな生き様によって,リュシアン・ペイローは「ムールヴェードルの父」と呼ばれ,バンドールの生産者にとっての精神的支柱となった。彼の功績は,今でもバンドールの生産者の心に深く刻まれている。
このリュシアンの遺産を引き継いだジャン=マリーとフランソワの兄弟は,さらなる高みを目指した。2人は長年の研究の末,また,ワイン愛好家たちの意見も参考にして,“ミグア”,“トゥルティーヌ”,“カバッソウ”という3つの単一クリュを別々に醸造して,単独のワインを造ることを決めたのである。バンドールにブルゴーニュのようなクリュの概念を持ち込むことは,当時としては画期的なことで,この点でもドメーヌはパイオニアであった。
このクリュ・バンドールの創造と並行し,ペイロー兄弟はブドウ栽培の改革にも着手した。化学肥料と除草剤の完全廃止,機械による耕耘と除草,リュット・レゾネ,台木の選別など・・・,限りなく有機栽培に近いブドウ栽培を実践し,ワインに自然なテロワールが反映するように努めていった。
90年代中期からはバイオダイナミック農法の手法も導入。たとえば,ブドウ樹の剪定やワインの瓶詰めは,月が欠けていく満月から新月になる14日間のあいだに実施。これは,この時期に大気圧が高まり,タンクや樽中のワインが最も安定した状態になること。ボトル・ショックでワインが不安定になることを最小限におさえることができること。瓶詰めされたワインがより良く熟成するといった利点があることが理由。
“ミグア”,“トゥルティーヌ”,“カバッソウ”という3つの単一クリュの名声を世界的に広めることに成功したジャン=マリーとフランソワ兄弟は,2000年に引退を決意。ドメーヌの実質的な運営はダニエル・ラヴィエ/Daniel Ravierに委ねられた。しかし,ワイン造りの第一線からは退いたものの,ペイノー兄弟は4人の妹と法人会社を設立し,相続に伴うドメーヌの分割を避け,ドメーヌが永続する手立てを施し,また,財務的な面からドメーヌの管理に携わり続けている。
【輸入元資料】

 

2019 Bandol Blanc
会員価格:5148円(税込)

クレーレット59%,ユニ・ブラン29%,ブールブラン6%,ロール4%,マルサンヌ2%
ブドウはすべて手摘みで収穫される。白ワイン用のブドウの収穫は,ドメーヌのその他のブドウの収穫が済んだ最後に行われる。畑と醸造所で2度の選果を行い,傷んだブドウや未成熟なブドウはすべて取り除かれる。100%除梗して,スキン・コンタクトを施した後,圧搾,温度管理機能付きのステンレス・タンクとセメント・タンクで発酵させる。熟成はフランス産オークの樽で10ヶ月。無清澄・無濾過で瓶詰め。

金色がかった透明のローブ。柑橘類や白い花の美しく繊細な香り,そして新鮮さとともに非常に強いミネラルのノートも持っている。日差しの強すぎない最上の区画に由来するため熟成がゆっくりと進み,年月とともにワインのなかに素晴らしいバランスが生まれる。6-8年以内に味わいたい。サーヴィスは12度で。

 

2019 Bandol Rosé
会員価格:5742円(税込)

ムールヴェードル52%,サンソー24%,グルナッシュ22%,クレレット2%
パーカーの『ワイン・バイヤーズ・ガイド第7版』にて,★★★★ 4つ星に格付け。アントニオ・ガッローニの『ヴィノス(旧IWC)』では,2007年物以降,12年連続して90点以上を獲得。最新の2018年物は,4回目の93点,WAでは89-92点を獲得。『デキャンター』が2015年8月に行った《エキスパート・チョイス》では,シャトー・ピバルノンのロゼ2014VTと並び,タンピエのロゼ 2014VTが93点を付けて,ロゼ・ワインのトップに挙げられた。
ブドウはすべて手摘みで収穫される。フレッシュさと酸,そして赤ワイン用のブドウよりも低いアルコールを追求して収穫のタイミングを計っている。収穫は例年8月の最終週から開始され,4週間にわたる。畑と醸造所で2度の選果を行い,傷んだブドウや未成熟なブドウはすべて取り除かれる。完全に除梗した後,果物のアロマを抽出し,青白い色調を得るために12度で低温マセレーションを施し,直接圧搾。発酵は温度管理機能付きのステンレス・タンクとセメント・タンクで行われ,その後,セニエしたロット(5-10%)とブレンドされ,引き続きステンレス・タンクとセメント・タンクで8ヶ月間熟成を行った後,無清澄・無濾過で瓶詰め。


収量の少ない平均樹齢20年前後の選別した区画のブドウに由来するため,凝縮していて,各品種の個性がワインのなかに強烈に表現されている。また,ムールヴェードルの存在がワインに多くの個性とバランス,複雑さを付与している。サーモン・ピンクの反射を持った澄んだ色調と果物や花の力強い香りが魅力的。桃やザクロを思わせる豊満で円やかな味わいのなかに軽いスパイス香があり,バランスの取れた酸とともに味わいにアクセントを加えている。プロヴァンス料理に最適。サーヴィスは11度で。

 

2014 Bandol Cuvée la Migoua
会員価格:9108円(税込)

ムールヴェードル56%,サンソー20%,グルナッシュ16%,カリニャン,シラー各3%
ブドウはすべて手摘みで収穫され,選果台を使って傷んだブドウや未成熟なブドウはすべて取り除かれる。完全に除梗し,野生酵母のみを用いて発酵を行う。発酵は温度管理機能付きのステンレス・タンクとセメント・タンクで15-21日かけて行われ,その後,フランス産オークの樽(容量25-75ヘクトリットルまで様々な容量の樽を使用)に移し,マロラクティック発酵と熟成を行う。熟成期間は18-20ヶ月。無清澄・無濾過で瓶詰め。

“ラ・ミグア”にはヴィンテージに応じて50-65%のムールヴェードルがアッサンブラージュされる。また,南に面したラ・ルーフと呼ばれる丘陵で栽培されたサンソーが,他のトゥルティーヌやカバッソウよりも多くアッサンブラージュされる。ミグアは多くの場合,他のキュヴェより野生的で,傑出した複雑さを示す個性溢れるバンドール。野生的な特徴とフレッシュさが同居していて魅力的なワイン。長命なワインに特有のバランスを備えている。


 

2014 Bandol Cuvée Tourtine
会員価格:9108円(税込)

ムールヴェードル85%,グルナッシュ10%,サンソー5%
ブドウはすべて手摘みで収穫され,選果台を使って傷んだブドウや未成熟なブドウはすべて取り除かれる。完全に除梗し,野生酵母のみを用いて発酵を行う。発酵は温度管理機能付きのステンレス・タンクとセメント・タンクで15-21日かけて行われ,その後,フランス産オークの樽(容量25-75ヘクトリットルまで様々な容量の樽を使用)に移し,マロラクティック発酵と熟成を行う。熟成期間は18-20ヶ月。無清澄・無濾過で瓶詰め。

非常に日照に恵まれた“ラ・トゥルティーヌ”は果実味があり,力強く,タニックなワインを生み出す。10-15年の熟成を経た後でも,赤い果物や香辛料のアロマを発散する長命なワインとなる。素晴らしい口中の凝縮感とミネラル感を持ち,気品と格を備えたワイン。

 


2017 Bandol Cuvée Cabassaou
会員価格:15840円(税込)

ムールヴェードル95%,シラー4%,サンソー1%
ブドウはすべて手摘みで収穫され,選果台を使って傷んだブドウや未成熟なブドウはすべて取り除かれる。完全に除梗し,野生酵母のみを用いて発酵を行う。発酵は温度管理機能付きのステンレス・タンクとセメント・タンクで15-21日かけて行われ,その後,フランス産オークの樽(容量25-75ヘクトリットルまで様々な容量の樽を使用)に移し,マロラクティック発酵と熟成を行う。熟成期間は18-20ヶ月。無清澄・無濾過で瓶詰め。

深黒のローブ。香りは若いうちは慎み深いが,年月とともに開花し,スミレや皮,ブラック・フルーツのアロマを発散するようになる。タンニンは絹のように極めてしなやかで,複雑な口中には果物や香辛料のノートが感じられる。非常に長命なワイン。

Follow on Facebook Follow on Facebook
Website Website
Email Email
blog blog
Copyright © 2014 Anyway Grapes  All rights reserved.

配信停止を希望の方はこちらからunsubscribe from this list   
メールアドレスを変更のされたいかたはこちらからupdate subscription preferences
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。 
〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-13-1-B1 TEL/ 03-6413-9737 FAX/ 03-6413-9736 
OPEN 10:00- 20:00 CLOSE TUESDAY






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
経堂ワインショップ Anyway-Grapes · 経堂2−13−1 信長君の砦 B1F · 世田谷区, 東京都 156-0052 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp