Copy


メールの写真が見られない場合は、ここをクリックするとすべての文章と写真をブラウザで見ることができます。(推奨)
このメールマガジンは、「シロオニスタジオ」にお越しの皆様、各地でご挨拶させていただいた皆様、関係者の皆様、名刺交換させて頂いた皆様にお送りしております。 ご不要の場合は、お手数ですが、本メールまでご返信いただければ以後お送りしません。
<<Last Name (姓)>>様、
 
 ↑ 写真をクリックすると、関連ページをご覧いただけます。

 

テレサ・クレア
コロンビア
 滞在期間:6/19-7/27
 紙・インスタレーション・陶器


生物的な外膜をコンセプトにした、紙と描画の立体作品を作っています。
作品の主なコンセプトは“ファルス セルフ”(直訳「偽りの己」)で、実際に表面に見えているもの(外観・外見)の影にひそむある種の個性を表現することを目的としています。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

アナ・ミンザー
アメリカ
滞在期間:7/2-7/28
小説


小説の主な登場人物は第二次世界大戦の時の日本とアメリカの捕虜収容所に関係する、彼女の家族が描かれている。

 

スリーニャ・グレナバレナ
スペイン

滞在期間:6/24-7/13
自然の音を使った音声作品


日本の様々な自然や音、雑踏や人々から録音した素材をコンピューター上で組み合わせた作品をつくっています。約6分ほどの音楽になります。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

ダニエラ・アリアス
アルゼンチン

滞在期間:6/15-7/27
動物などのイラスト

 

鬼石滞在中に、ファンタジーと旅から得たものを組み合わせてできるものを追求したいと思っています。鬼石にいる間に、出会った人、訪れた場所、自然、動物、食べ物に関する私の思い出を詰め込んだ作品を作りたいです。また、私が今まで通ってきた道筋(人生)をお伝えできるような短いストーリを絵にしたいと思っています。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)
 

カトリーナ・ロバートソン
イギリス

滞在期間:6/26-7/27
廃材を使った作品


鬼石の町からインスピレーションを感じて、町で見つけた素材(例えば、竹、アルミ、コンクリートなど)を組み合わせて彫刻作品を製作しています。
また、鬼石祭りのちょうちんにも興味があり、私の彫刻作品の中では明かりも使う予定です。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

ルクェ・ニロファ・ザイディ
パキスタン

滞在期間:7/2-7/24
風景画


私は、パキスタンで最も歴史のある大学で長い間教育に携わってきました。日本を訪れたのは今回が初めてです。日本の人々に、私の中にある文化的ルーツや、日本の風景と文化、私の中にある自身の経験を通したパキスタンの文化を提示したいと思っています。また、日本の文化、植物、景色に触れ、自分の作品を豊かにしていきたいと思っています。

(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

アンジェラ・ロジット
オーストラリア

滞在期間:6/29-7/14
ワイヤー(針金)アート


インタレーション・アーティストとして、私は最近、作品の中に※ファウンドオブジェクトと手芸の手法と電子装置を取り入れています。
鬼石では、「手まり」を製造する伝統を通して、『地質学的時間』の概念を模索しています。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

アメンダ・キャロブリシ
アメリカ

滞在期間:6/21-7/27
絵画(アクリル)

シロオニスタジオでの5週間に渡る滞在期間中、私は、私が見た周りの世界を絵画へと変容させることに集中しています。
形や色を通じて、詳細な調査を記録します。
予測できない方法で、形や色の表現を創造できればと思っています。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

オスカー ・バーグランド
メキシコ (スウェーデン在住)

滞在期間:6/13-7/31
廃材や不要品を素材にした作品


私の作品は、鬼石で見つけた※ファウンドオブジェクトがもとになっています。我々はどのようにモノを見て理解するのか、また、それらのモノがどのように異なったイメージとして記憶を作り出すのか、ということを皆さんに感じていただきたいです。


(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

マウロ・アリギ
イタリア

滞在期間:7/13-7/25
アンビエントスタイルミュージック


これまでに5枚のコンピューターミュージックアルバムを発表。
シロオニスタジオでは、エレキギターで「アンビエントスタイル」のライブパフォーマンスを行います。

 

(アーティスト個人サイト:写真をクリック)

2015年レジデンススケジュール


2015年にシロオニ・アート・レジデンシーに滞在予定のアーティストとそのスケジュールです。5期に分かれており、各期の終わりには、シロオニ・アート・レジデンシーで制作したアート作品を展示する機会を設けています。

◎期間 5月11日〜11月15日まで
◎人数  約5回に分けて、1回5〜10人の滞在=トータル約20カ国・40人滞在予定
◎ スケジュール詳細は以下をご覧ください。

第3グループ

展示:ことりや、きぬや 8/22-23
テーマ:かんな人材育成ワークショップ

グループ3のアーティストたちは「かんな人材育成ワークショップ」に講師として携わり、アーティストが持つスキルや知識を地域の人たちや他の参加者と共有します。

第4グループ
展示: 十一屋 9/19-27
メインイベント:かんな秋のアート祭り
 

グループ4のアーティストは、滞在中に制作した作品を「かんな秋のアート祭り」@藤﨑摠兵衛商店に展示します。このアートフェスティバルは、シロオニ・アート・レジデンシーに関わったアーティストが展示を行うほか、現地の職人やミュージシャンも参加する大規模なお祭りです。
また、「かんな人材育成ワークショップ」にも参加します。

第5グループ
展示: 多目的ホール 11/14-15

メインイベント:穴窯窯焚き(千秋窯)

窯焚きスケジュール:

10/1- 陶芸作品制作開始
10/24- 窯詰め開始
10/30- 火入れ開始
11/3- 鎮火予定
11/7-8- 窯出し
シロオニスタジオでは、展示会の「説明ボランティア」を募集しています。
来場者の方に、アーティストの作品について日本語で解説していただきます。
外国人アーティストと交流を持ちたい方、アートに興味がある方、自然豊かな鬼石に遊びに来たい方など、
ぜひシロオニスタジオまでご連絡ください(英語を話せなくても大丈夫です)。
ボランティアの方は、無料で宿泊可能です。

 
説明のお手伝い
時間:以下のいずれかの時間帯
7/25(土)
10:00~13:00(3時間)
13:00~17:00(4時間)

7/26(日)
10:00~13:00(3時間)
13:00~17:00(4時間)

場所:以下のいずれかの場所にて。
①「多目的ホール」(1~2名)
②「ことりや」(1~2名)
③「きぬや」&「シロオニスタジオ」(1~2名)

 

どうぞよろしくお願い致します。

次回の展示会、8月22日(土)、23日(日)のボランティアへの応募もお待ちしております。
 

「かんな人材育成ワークショップ2015」のお知らせ

かんな人材育成プロジェクトでは昨年に引き続き、アートレジデンシーに関わる人材を育成する無料のワークショップを開催します。茶道や陶芸、現代美術の講座、さらに川遊びや林業、乗馬など、里山で暮らす楽しさを体験する実習など、多様なプログラムを用意しています。アート、ゲストハウス、国際交流などに興味のある方に、ぜひご参加いただきたい企画です。
※チラシ記載の予定表は4月時点のもので、日程変更が生じております。

変更の詳細は、ホームページに記載しておりますが、メールで詳細をお送りさせていただきますので、ワークショップに参加ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。
メール:kannaworkshop@gmail.com
最新ワークショップスケジュール: http://blog.livedoor.jp/kanna_workshops/


なおこのワークショップは公益財団法人トヨタ財団の助成によって実施します。

かんな人材育成ワークショッププロジェクトの運営はシロオニスタジオと異なりますが、この期間アートレジデンシーに参加予定のアーティスト・関係者はかんな人材育成ワークショップに参加します。(詳細は写真をクリック)


 
Visit Shiro Oni Page
Shiro Oni
Shiro Oni
Twitter
Twitter
Studio Email
Studio Email
発信者:キール・ハーン(Kjell HAHN)
シロオニスタジオ
〒370-1401 群馬県藤岡市鬼石562
Phone: 090-9887-4914
Mail:  shiroonistudio@gmail.com
Web: www.shirooni.com/
Copyright © 2015 シロオニスタジオ, All rights reserved.


unsubscribe from this list    update subscription preferences 

Email Marketing Powered by Mailchimp